バンビーナ カラコン

バンビーナのカラコンの安全性を確認する方法って?

バンビーナのカラコンって安全?どうなの?って話なんだけど、たぶん韓国のメーカーさんに直接聞くか、日本の販売店さんに聞いてみるしかないと思います。

 

仮に聞いたとしたら「安全です」と言うハズです。確実に。(笑)

 

いきなり「何バカいってんだ~ (  ̄っ ̄)ムゥ」と思うでしょうが、決してふざけているんではありません。

 

ホントに真剣に書いていますので、ここから先も読み続けてくださいね!

 

ってことで、一般人の私たちが、第三者機関を通してバンビーナのカラコンの安全性を確認することなんかあり得ない話なので、売られているモノを信用するしかないわけです。

 

あとは、実際に買って使ってみた人たちの感想を参考にする、それ以外だと自分で試しに使ってみるしかありません。

 

でも、自分で使ってみても安全性をどうやって判断するのかなんておそらく誰にもわからないと思うんですけどね。(汗)

 

そうなると、安全かどうかは違った(状況証拠的な)角度から検証していった方が良いと思うので、次からは検証する材料を集めてチェックしていきましょう。

法律違反をしてないか?

韓国の法律を守ってるの?

まずはじめに、製造している韓国の法律を守っているか?という点。

 

これについては、MFDS(バンビーナの公式サイトではKFDAと記載されている)の指導に沿って製品を作っていることがわかります。

 

↓ここです↓

 

MFDSというのは、韓国の国家行政機関で、食品や医薬品、化粧品のような健康と安全に係る製品への許認可や指導などを行っている所です。

ちなみに、MFDSは、Ministry of Food and Drug Safetyの略称、日本語訳では、食品医薬品安全処。

 

*バンビーナの公式サイトにはKFDAとなっていますけど、2013年にMFDSという名前に変わりました。

 

日本の法律を守ってるの?

では次に、日本国内の法律を見ていきましょう。

 

バンビーナを日本で販売しているのは、個人輸入代行をしている会社です。

 

日本国内でカラコンを販売するためには、【高度管理医療機器等許可証】が絶対に必要ですので、公式サイトをチェックしてみましょう。

 

↓これです↓

 

確かにありましたね。公式サイトにしっかりと記載されています。

 

つまり、日本の法律を守って販売しているということがわかりました。

 

販売会社はどこ?

せっかくなので、販売会社さんも見てみましょう。

 

↓こちらです↓

 

販売業者名、販売責任者名、所在地、電話番号、FAX番号、メールアドレスがはっきりと書いてあります。

 

ですので、何か不安とか質問があれば問い合わせできますので、安心できる販売者さんだと言えますね。

 

よろしいでようか?公明正大にビジネスを行っているということがご理解いただけたかと思います。

 

ちょっと違うけど、個人情報の安全性にも着目!

 

バンビーナの公式サイトには、こんなことも書いてあります。

 

↓こちらです↓

 

これは、個人情報の安全性に関してですね。

 

つまり、どういうことかと言うと、購入者さん(あなた)が入力したクレジットカード情報は、バンビーナ販売会社さんやそれ以外のPCにも残らないので、不正利用なんて絶対にあり得ませんよ、安心して下さい!という大切なお話です。

 

カラコンの安全とは話がズレてますけど、これも無視できないとても重要なことですので、覚えといてくださいね!

カラコン自体の安全を考える

バンビーナが韓国からの輸入品なので特に安全性を気にしてしまうのでしょうけど、それよりもまずは、カラコン自体について知識が不足していることで、メーカーや販売店などが推奨している取扱方法から外れてしまう危険性、どちらかというとその方が問題のような気がします。

 

カラコンは、どうしても10代〜20代の若い世代が中心になっていますので、ともすると無茶な使い方をしていることもあるかもしれません。

 

ですので、正しいカラコンの知識と取扱いについて知っておくのが大切なので、下記の厚生労働省のページ閲覧をお勧めします。

 

厚生労働省:おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて
厚生労働省:eye care カラコン(動画)

 

↑特に、はじめての方は絶対に見ておきましょう!

 

バンビーナの公式サイトから分かるカラコンの取扱い

 

バンビーナのカラコンは全部「ソフトコンタクトレンズ」

 

実は、バンビーナだけじゃなくて、日本で売られているカラコン全部がソフトコンタクトレンズなんです。

 

ですから、お手入れ用品をそろえる時には、必ずソフトコンタクトレンズ用のものを買いましょう。

 

間違ってハード用のものを使うと、目に異変が起きたり、レンズが変質することもあるので、絶対に間違わないようにしましょう

 

【×ハード用 ◎ソフト用】

 

カラコンのケアは「コールド消毒」で

 

熱を加えないで消毒するので「コールド消毒」、つまり、薬剤で消毒する方法です。

 

色んなのが売ってますけど、MPS(マルチパーパスソリューション)というのが、レンズの洗浄、すすぎ・保存が一本でできるので楽チンかもです!

まとめ

さて、バンビーナのカラコンが安全かどうかを証明できたかどうか、それは正直なんともわかりません。(汗)

 

でも、ダメな理由は特に見当たら無いので、欲しい人はためらわずに購入して良いと思います。

 

確かに、ひと頃韓国のカラコンの安全性が騒がれたた時期もありましたが、今は当時の騒動を乗り越えて生き残ったメーカーだけが製造しているわけです。

 

そういったことも考えると、現時点で低品質な粗悪品を輸出する韓国のカラコンメーカーなんてあり得ないのではないか、そんな風に思います。

 

また、バンビーナは長い間ネットでカラコン通販を行っていますので、そこら辺も特に大きな信頼と実績ということで評価できるんじゃないでしょうか。

 

あとは、とにかくしっかりとカラコンの知識を詰め込んで、安全な使い方を守るのがとても大切だということに尽きますね!

 

>>安全・安心のバンビーナでカラコンを買うならコチラから